理学療法士の求人の変化

病院やクリニックでは医師や看護師をはじめとした様々な医療従事者が働いています。
その多くは国家資格を持っています。

事務職員や清掃員を除いて医療の専門的な業務を行う仕事を行うためには資格が必要です。

作業療法士の求人の喜びの声を頂いています。

理学療法士もそのうちの一つです。理学療法士になるためには、養成課程がある大学あるいは短期大学、専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了しなければなりません。
そうすることで受験資格が得られます。

毎日新聞に関しての情報を紹介しているサイトです。

試験の合格率は例年およそ80パーセント以上となっています。
その他の国家資格を比較すると合格率は高く見えますが、これは3年以上養成機関で学んできた人が受験したからであり試験内容が簡単であるわけではありません。

理学療法士が日本で認定されたのが1965年。

英語では、physicaltherapist略してPTと呼ばれています。
その理学療法士の仕事内容はケガや病気の回復や維持、予防をすることです。

リハビリテーションをイメージすると分かりやすいかもしれません。



患者個人ごとに合わせて医学的、社会的視点からどのような運動能力があり、どのような生活を送っているのかを考慮した上でプログラムを作成します。

身体能力を普段以上に向上させる目的というより、普段通りの生活が送れるように基本動作である、座る、立つ、歩くなどが行えるようにするのが目的です。

求人は安定してありますが有資格者が増えて需要より供給が多い状態です。
給料はおよそ400万円前後の求人が多く見受けられます。
勤務先は病院やクリニック、介護保険関連施設など医療介護施設の求人がメインです。

またプロスポーツチームで選手の身体のケアを行っている人もいます。