理学療法士の求人は意外と多い

理学療法士は柔道整復師をはじめとする類似資格も多いため求人は少ないと見られがちですが、実は案外需要は高いです。

言語聴覚士の求人は評判がとっても良くて有名です。

リハビリテーション専門職であるため、スポーツ施設の他介護施設などでの需要が年々高まってきている傾向にあるためです。


しかし、理学療法士は医療分野にかかわる職業にしては給料が低めに見積もられている傾向にもあります。
また、日々進化するリハビリの技術を常に学んでいかなければならないため講習会などへも積極的に参加することが求められるため必要経費もかさむことが多いです。
ですので、理学療法士の求人を探す際は、給料や待遇がある程度保障されているようなところを探すのが重要です。
大きな病院ですと経営がしっかりしていますし、スタッフも多いので平均よりは条件が上の事が多いです。

独自で講習会を開く病院もあるのでそういったところを選ぶと自己負担することなく学ぶこともできます。

逆に新しめの福祉施設などでは理学療法士の業務の他にも多数の雑務や職域範囲外のこともしなければならない事態に陥ってしまうことがあるので多忙を極めてしまうかもしれません。

ですが新規参入の施設はスタッフを集めるために比較的初任給が高めに設定されていることもあります。

朝日新聞デジタル情報を選びました。

ちなみに理学療法士は業務独占資格ではないものの国家資格ではあるため、一度リタイアしてしまった人も復職しやすいです。



家庭を中心に生活したい主婦にぴったりなパート待遇で募集する求人もあります。